乱視(Astigmatism)

眼の経線により屈折力が違い、外界の一点から出た光線が眼内で一点に結像しない眼の屈折状態」    所敬・金井淳 『現代の眼科学』 金原出版


近視や遠視なら、どこかに焦点が合いますが、乱視の場合は焦点が一つに定まりません。
ゆえに、はっきり見えるところが見つかりません。



通常、乱視といえば「正乱視」のことを差し、これは円柱レンズ(シリンダーレンズ)によって矯正されます。
また、角膜や水晶体の屈折面が不均衡なために生じるものを「不正乱視」と呼びます。

これは円柱レンズでは矯正しきれません。コンタクトレンズによる矯正が有効な場合があります。

乱視は、いわば、方向によって度数が異なる状態です。
「弱い近視と強い近視」の組み合わせ、「弱い遠視と強い遠視」の組み合わせ、「近視と遠視」の組み合わせ、などなど、度数のタイプや方向により分類されますが、いずれにしても、ピントのはっきり合う場所が見つからないため、煩わしいのです。

特に遠視系の乱視の場合は、調節機能により大きな負担がかかります。
(ビデオカメラのオートフォーカスがうまく働かなくて行ったり来たりしているような状態を思い浮かべてください。とっても疲れそうですよね)

乱視があると、下図のような見え方になります。(あくまでもイメージです)

正視眼であれば、均等の濃さに見える放射状の線ですが、、、



① 縦方向の線が濃く見えます。
(こういう見え方のする乱視を直乱視と呼びます)


この場合、ランドルト環の上下の切れ目はわかりやすいですが、左右の切れ目はわかりにくくなります。


② 横方向の線が濃く見えます。
(このような見え方のする乱視が倒乱視です)



この場合、ランドルト環の左右はわかりやすく、上下がわかりにくくなります。
また、縦線がボケて見えるため、カタカナの「ニ・コ・エ」がすべて「ニ」のように見えてしまったりもします。



※斜め方向の線が濃く見えたら、斜乱視となります。

弱度の乱視、特に「単性乱視」と呼ばれる、「正視と近視」「正視と遠視」の組み合わせによる乱視の場合、視力が結構得られますので、そのまま放置されるケースも多いです。ただし、実際には眼に負担がかかっています。
しかし、ほとんどのお子様はその負担に気がつかないはずです。
仮に何らかの違和感を感じたとしても、それが眼に由来するものだとは考えないでしょう。

乱視をメガネで矯正すると、近視や遠視を矯正する場合よりも、空間視の違和感を感じるケースが多く見られますが、低年齢のお子様ほど、この類の違和感に慣れるのは早いです。
逆に成長してしまってからだと、乱視矯正による違和感が強いために、「本当ははっきり見える乱視の度数はこのくらいなんだけれど、楽にメガネをかけられるように乱視の度数を落とし、結果として矯正視力も落ちる度数にせざるを得ない」ということも起こり得ます。

また、ある程度以上の乱視を放置しておくと、乱視のために見にくくなっている方向には綺麗な像が映らないことになりますので、将来乱視を矯正しようとしても、十分な視力が得られない「経線弱視」と呼ばれる状態を引き起こす可能性もあります。



※このページの記述の一部は、子供メガネ研究会会員店の「メガネの一心堂」ホームページより転載させていただいております。



ページトップに戻る