ピント合わせの機能・両眼を寄せる機能など

正視(Emmetropia)

「平行光線が無調節状態の眼に入り、眼の屈折系で光の屈折が起こって、
網膜上に焦点を結ぶもの」
     
所敬・金井淳 『現代の眼科学』(金原出版)より

眼のしくみは、よくカメラに例えられますよね。
カメラのレンズに相当するものが「角膜」や「水晶体」です。これを「眼の屈折系」といいます。
そして、カメラのフィルムに相当するものが「網膜」です。

「平行光線」というのは「無限遠方」、すなわち、とても離れたところから、眼に入る光のことです。

「調節」というのは、「眼のピント合わせの機能」のことです。これについては後述します。

つまり

「眼がピント合わせをせずにリラックスしているときに、
遠くからきた眼に入ってきた光が、
角膜や水晶体を通ることで屈折し、
網膜上に正しく像を結ぶ状態」

ということです。言葉ではわかりにくいですが、下図のような感じですね。

簡単な眼球の模式図




正視眼のイメージ



「正視」というのが、「近視」「遠視」「乱視」といった「屈折異常」のない状態です。
「正視」および、「屈折異常」を定義する際の条件として、「
無調節状態」というものがあります。

まず、この「
調節」という機能について、お話しすることにいたします。
「視機能」というものを考える際に、非常に重要な意味をもちます。


調節(Accommodation)

正視の人が遠くの物体を見ているとき、その物体は網膜上でピントが合っています。
つまり、通常ならはっきり鮮明に見えているということです。




その物体が近づいてくると、物体は近づいた分、網膜より後ろでピントが合うことになります。
その結果、物体はぼやけて見えてしまいます。




ぼやけて見えている物体をはっきり見るためには、ピントを網膜上に合わせなければなりません。
その役目を担うのが「水晶体」です。

眼の中にある「毛様体筋」という小さな筋肉の作用で、水晶体はその膨らみを増し、
結果として水晶体の屈折力が増加します。
これにより、網膜より後ろに合っていたピントを、網膜上まで引っ張ることができるのです。




カメラのオートフォーカス機能のように、私たちはふだん無意識のうちに、見たいものにピントを合わせています。

しかし、カメラに「ピントの合う限界の距離」があるように、私たちの眼も、どこまで物体が近づいてもピントを合わせることができるわけではありません。
どれだけピントを合わせることができるか、その力のことを「調節力」と呼んでいます。
度数と同じ「D (ディオプター)」という単位で表します。
調節力は歳を取るにつれて徐々に低下していきます。
調節力が低下し近いところが見えにくくなってきた状態が、いわゆる「老視(Presbyopia)」です。


調節力が十分にある若い世代であっても、調節をうまく働かせることができず、手元が見にくくなってしまったり、逆に手元を長時間見続けていたために、遠くを見たときにピントを緩めることができず、遠くの見にくい状態になってしまうこともあります。

なお、私たちの眼は、両眼をあけている状態では右眼・左眼それぞれ別々に調節することはできません。また、なるべく調節が少なくなるような選択をします。

たとえば、右眼は5段階の調節、左眼は10段階の調節をすれば、物がはっきり見えるとしましょう。

左右別々に調節することはできませんから、右眼に合わせて5段階の調節をするのなら、左眼も5段階の調節になります。逆に左眼にあわせて10段階の調節をすれば、右眼も10段階の調節をします。

ところが、調節がなるべく少なくなるようにしたいので、この場合は右眼にあわせて、左右ともに5段階の調節をすることになります。

その結果、右眼でははっきり見えても、左眼はぼやけてしまいますので、何となく見え方のバランスが悪く、疲れの原因ともなるのです。



輻湊(Convergence)開散(Divergence)

何かを見ようとするとき、私たちは見たいものに視線を合わせます。
遠くのものを見ているときより、近くのものを見ているときの方が、両眼は内方向に寄ります。
下画像は、至近距離を見ようとしているときの両眼の状態です。





このように、両眼を内方向に寄せる動きのことを「輻輳(ふくそう)」と呼びます。
逆に、近くから遠くのものを見ようとするとき、両眼は外方向に向きます。このときの動きを「開散(かいさん)」と呼びます。

「輻輳」「開散」をするには眼の筋力が必要です。「斜位」や「斜視」があるために、普通の人よりも余分に「輻輳」「開散」をしなければならない人は、普通の人よりも余分に筋力を使わなければなりませんから疲れやすいのです。

また、眼の筋力が弱い人も、容易に疲れやすい傾向があります。疲労がピークに達すると、両眼の視線を合わせることができなくなり、「複視」といって両眼でものを見ているときに、例えば一本の鉛筆が二本に見えてしまう、といったようなことが起こる場合もあります。


ところで、この「輻輳」「開散」というのは「調節」と密接な関係があります。
わかりにくい説明ですが「調節をすると、輻輳するつもりはなくても自動的に輻輳が生じてしまう。調節が緩むと、開散するつもりはなくても自動的に開散してしまう」ということです。
逆に「輻輳をすると、調節するつもりはなくても自動的に調節が生じてしまう。開散すると、調節を緩めるつもりはなくても自動的に調節が緩んでしまう」ということも起こるのです。

極端な例ですが、5m先のものを見ているときに、本来なら必要のない調節を誘発させるように仕向けると、両眼は意に反して輻輳してしまい、5mよりも手前のものを見るときの視線の位置へと内方向に寄ってしまうのです。

子供用メガネの適応となる「調節性内斜視」と呼ばれるものは、実はこの「調節と輻輳・開散の相互関係」の影響を受けているのです。



※このページの記述の一部は、子供メガネ研究会会員店の「メガネの一心堂」ホームページより転載させていただいております。



ページトップに戻る